トップ / 住宅購入での税金を考える

住宅購入での税金を考える

住宅購入で合計費用

不動産取引

住宅購入時には税金が必要です

住宅の購入時には不動産価格以外に手数料や税金も必要になってきます。ローンを組む時には全ての費用を含んで計算する必要があります。必要な税としては、不動産取得税、登録免許税、印紙税、消費税などがります。不動産取得税は、その名称から何にかかる税金か分かりやすいですが、登録免許税はあまり馴染みがありません。住宅購入だけではなく、船舶の時をした時、航空機を登録した時、資格の登録や技能証明の時、特定の業務に対する免許、許可、認可の時にも必要になります。税の内容は難しいので税理士などの専門家と契約するのが間違いありません。

家の購入時にかかる税金とは

住宅の購入時には、その引き渡しを受ける際、所有権保存登記や移転登記をします。この登記をするときには登録免許税という税金が必ずかかります。新築の建物では建物の所在地番、構造、床面積などを登記する表示登記、登記簿の甲区つまり所有権に関する登記に初めて所有権を登記する所有権保存登記、土地、建物の売買においては所有権が売り主から買い主へ移った事を登記する所有権移転登記、住宅ローンの借り入れでは、ローンの担保とされた不動産に設定される権利を登記する抵当権の設定登記などがあり、それぞれの登記の際に登録免許税がかかります。この税率は小さい数字なのですが、不動産自体が大きな金額になるので、支払う税金も多額になることがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅購入する時の諸費用. All rights reserved.