トップ / 住宅購入者に必要な知識

住宅購入者に必要な知識

住宅って実は役立つ

不動産取引

住宅購入には税金がかかります

住宅の購入時には不動産本体の価格以外にも必要な費用があります。不動産会社への手数料もそうですし、購入者にかかってくる税金もそうです。購入時に必要なものとしては不動産取得税、登録免許税、印紙税、消費税などがあります。それ以降も住宅を持っているだけでかかってくるものもあります。固定資産税や都市計画税です。金融機関からローンを組んで購入する時には、必要な金額全てを計算しておかなければなりません。税金は前もっていくら必要なのか計算できますので、専門家にうかがうなどして間違いがないように準備した方がいいでしょう。

不動産取引にかかる様々な税金

不動産は、金額が大きいだけでなく、諸費用や不動産取引の時に限ってかかる税金などが必要なので、事前に知識があると安心です。住宅の購入時には、土地は消費税は非課税ですが、建物の取引金額には消費税が含まれています。契約書には印紙税の貼り付け、所有権の移転登記には登録免許税が必要ですが、これらは、売買代金の決済iの時に、同時に支払いをします。このほか、不動産取得税は、購入後半年から1年程度の間に、課税の通知と納付書が送られてきます。住宅の場合は減免があるなど、利用状況によってかかる税率も異なりますが、後から来る税金なので、資金不足にならないよう、事前に販売会社に見込み金額を聞いておくと安心です。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅購入する時の諸費用. All rights reserved.