トップ

住宅購入する時の諸費用

住宅を購入する場合

不動産取引

住宅購入時の税金のあれこれ

住宅の購入時には、建物そのものの代金のほかに、手数料や税金など様々な諸費用がかかります。いろいろと見積もりや打ち合わせをして、いざ購入となった時に意外と諸費用の部分が多いことに驚かれる方も多いでしょう。住宅購入時の税金で、一番大きいものは消費税です。そのほかにも、不動産取得税、登録免許税などがあります。盲点なのは印紙税でしょう。原則では、不動産の価格により10万円を超える印紙税を納めなくてはならない場合もあります。ただし、軽減措置が取られている期間は、原則よりも少ない金額で済むこともありますので、きちんと確認して契約しましょう。

マイホーム購入時にかかる税金

人生において一番大きな買い物と言われる家の購入時には、消費税はもちろんのこと、登録免許税や不動産取得税、印紙税などさまざまな税金がかかることをご存知でしょうか。その内印紙税とは、住宅の売買契約書や住宅ローン契約書を交わす際に、契約書自体にかかってくる税金です。1万円未満のものは非課税、1000万円以上5000万円以下なら2万円、金額記載のないものは200円といったように、記載された金額により税額が決められます。納税方法は、収入印紙を契約書に貼付し、印鑑を押すという形になります。家の購入金額に比べると小さなことですが、決して忘れてはならない項目の1つです。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅購入する時の諸費用. All rights reserved.